アーバン特許事務所 中小企業 知財 弁理士 意匠 商標

特許制度とは


現代では、日々新しいものが開発されて、世の中の役に立っています。
これらの技術開発によって生まれた発明は、発明者の血と汗の結晶です。
その発明が、見ず知らずの他人に勝手に真似されていたらどうでしょうか?

制度により適切に保護されなければ、発明者は自分の発明を他人に盗まれないように、秘密にしておこうとするでしょう。
しかしそれでは、発明者自身もそれを有効に利用することができないばかりでなく、他の人が同じものを発明しようとして無駄な研究、投資をすることになってしまいます。

そこで、特許制度を設けて、発明者に発明を独占的に利用することを認める一方で、その代わりにその発明を公表して、それをヒントに新たな技術開発を促進するようにしました。

現代では必要不可欠となった携帯電話も、多くの発明によって小型で便利なものとなりました。
まさに、特許制度は日本の経済成長を支えている柱の一つと言えます。

特許制度の仕組み


特許制度は、新しく有用な技術を、決められた手続きによって公表した人に対して特許権という権利を付与します。

特許権は、公表した技術を独占的に利用することができる権利です。

他の人は、公表された技術を無断でビジネスに利用することは許されません。

一方、他の人は、公表された技術を参考にして新たな技術を開発することができます。

また、公表された技術をビジネスに利用したい場合、特許権を持っている人から許諾を得ることで利用することができます。

このように、特許制度の目的は、特許権を持っている人と他の人との間に調和を求めつつ技術の進歩を図り、産業の発達に寄与していくものです。


特許制度とは


特許権の必要性


特許権の効力


特許要件


出願から登録までの流れ


特許調査


特許紛争


標準化