アーバン特許事務所 中小企業 知財 弁理士 意匠 商標

特許で失敗する企業

 特許で失敗する企業の典型的な例は、革新的な製品を開発しながら、特許出願をせずに製品を販売してしまい、他社に模倣されてしまうことです。製品を販売したら他社に模倣されたので、特許を取得したいという相談を受けることがあります。しかし、製品を販売してしまうと、発明が公知になったとされて特許を取得することはできません。特許は、まだ世の中に知られていない技術に対して与えられるものだからです。

 また、自ら開発した製品を製造・販売していたところ、特許侵害であると訴えられることもあります。自社の製品が他社の特許を侵害していると、製造した製品の廃棄、賠償金の支払いを余儀なくされます。企業には他人の特許権を侵害していないかを調査する注意義務がありますので、他社の模倣ではないという主張は通りません。

 このように、特許で失敗しないために最低限行うべきことは、製品開発に着手する前に特許調査を行って他社の特許に抵触しないことを確認し、製品開発に目途が立ったら特許出願の検討を行うことです。

 尚、実際に特許出願すべきかどうかは、他社の模倣を発見できるかどうかなどを見極める必要があります。


中小企業の優遇制度


中小企業が特許を活かす方法


下請け企業の特許戦略


特許で成功する企業


特許で失敗する企業