◇ 維持年金(登録料)を払い忘れたら

man
man

特許の維持年金を払い忘れてしまいました!

まず、特許庁から維持年金(登録料)の納付期限日の連絡や、権利失効の送達はありません。
そのため、基本的にはご自身で期日を管理する必要があります。

期限日までに登録料を納付しなかった場合、権利は失効します。
権利期間を満了(出願日から20年)していなくても、登録料が支払われずに権利が失効した特許は誰でも使用できることになります。
また、権利が失効した特許を同じ内容で再び出願しても、もう権利化はできません

では、納付期限日を過ぎてしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

◇ 納付期限日から半年以内の場合
うっかりしてしまいましたね。でもこの期間であれば、追納期間として通常料金の二倍の額を支払うことで、権利の維持が可能です。

◇ 天災のような「正当な理由」で手続ができなかった場合
そのような場合に関しては、ちゃんと救済措置があります。定められた期間内に定められた方法で手続きする事により、権利の維持や回復が可能です。

◇ 商標の場合
上記以外の場合でも、商標だけは再出願をすることにより再取得が可能です。ただし、失効している間に他者に同じ商標を出願されていない場合に限ります。なお、もし他者に取得されてしまった場合は、その商標を使用し続けることで逆に訴えられる可能性があります。

上記にあてはまらない場合、残念ですが権利を復活させることはできません。そのため、登録料の納付期限日を管理することはとても大事です。
なお、何もしないと特許庁からの連絡はありませんが、以下のサービスができましたので、必ず届くメールアドレスでの登録をお勧めします。

特許庁支払期限通知サービス

特許(登録)料支払期限通知サービス は、登録料の納付期限切れや商標の更新期限切れを予防するため、メールを利用して次期年金納付期限日、商標更新期限をお知らせするサービスです。

https://www.rpa.jpo.go.jp/

※ 更新時期に確実に連絡が届くよう、登録したメールアドレスの管理にご注意ください。

また、特許事務所では年金の管理を行っており、納付期限前にご連絡をしております。
案内のご連絡ができるよう、ご住所やメールアドレスが変わる際には、管理されている特許事務所にも必ずご連絡ください。

88
PAGE TOP